結婚指輪が抜ける | 不安解消!東京手作り結婚指輪準備ガイド

HOME » 結婚指輪準備ガイド » 結婚指輪が抜ける

結婚指輪が抜ける

結婚指輪が抜けることがある

結婚指輪を購入するときには必ずサイズ合わせをしますので、基本的にはしっくりくるものを選ぶことができますが、まれにサイズ合わせをしていても抜けることがあります。
これは指のむくみが大きな原因になっていて、むくみがある状態でサイズ調整をしたばかりに、むくみが取れてくると指輪がゆるくなってしまうのです。
それではもし結婚指輪がゆるくなってしまったときにはどのようにすればいいのでしょうか?
これはまずサイズ直しをするしかありませんので、それが可能かどうか確認します。
基本的には結婚指輪を購入したブランドショップやアクセサリーショップへ持ち込んでサイズ直しをしてもらうことがほとんどですが、中にはサイズ直しができないところもありますので、その場合はサイズ直しができるショップへ持ち込んでください。

サイズ直しがしやすい素材としにくい素材がある

結婚指輪を購入するときには必ず素材をチェックすると思いますが、指輪の素材に使われるものの中にはサイズ直しがしやすいものとそうでないものがあります。
サイズ直しがしやすい素材は柔らかいもので、逆にサイズ直しがしにくいのは硬い素材です。
結婚指輪にもっともよく使われる素材はプラチナですが、プラチナは比較的柔らかい素材で加工がしやすく、サイズ直しもしやすくなっています。
またゴールドはプラチナよりも硬く、プラチナとくらべるとサイズ直しに苦労しますし、頑丈なチタンなどがサイズ直しができないこともありますので注意しなければなりません。

デザインによっても違う

また、デザインによってはサイズ直しができないこともあって、たとえばリングの周りにダイヤモンドが散りばめられているものはサイズ直しがしにくく、断られる場合が多いです。
したがってサイズ直しのことを考えるならダイヤモンドはワンポイントのほうが良いですし、シンプルなデザインのほうが対応しやすくなります。