結婚指輪はずっとつけてるものなのか? | 不安解消!東京手作り結婚指輪準備ガイド

HOME » 結婚指輪準備ガイド » 結婚指輪はずっとつけてるものなのか?

結婚指輪はずっとつけてるものなのか?

結婚指輪はつけた方が良いのか?

「結婚指輪はずっとつけてるもの」と、認識している方は多いと思います。しかし、ずっとつけてる人は意外と少なく、家に帰ると外すという方もいらっしゃいます。
では結婚指輪は外した方が良いのか、ずっとつけた方が良いのか検証してみましょう。

結婚指輪をずっとつけておくメリット

結婚指輪をずっとつけてるメリットとしては、紛失しにくいことでしょう。「結婚指輪をなくした」という話は”あるある”で、新たに作り直しているという方も珍しくありません。結婚指輪をなくしてしまっている理由こそが、「適宜に外しているから」です。でもずっとつけてる状態になっていれば、結婚指輪が紛失することはありません。また結婚指輪は、「結婚をしている」という何よりの証しになります。しかし結婚指輪をずっとつけてると、痛みが早くなるリスクが高くなります。またダイヤが埋め込まれている結婚指輪の場合、ダイヤそのものが外れる危険性もあります。
結婚指輪を適宜に外しておくと、指輪が傷みにくくダイヤが外れることもありません。仕事や家事もしやすくなり、作業も捗ります。ただし、紛失リスクは高くなるというデメリットがあるのを忘れないように気をつけましょう。

結局はつけた方が良いのか外した方が良いのか?

結婚指輪をずっとつけておいた方が良いのか外した方が良いのかは、「好みによる」としか言いようがありません。多少結婚指輪が汚れてもずっと身につけたいというのなら、つけっぱなしにしておいても良いでしょう。
しかし結婚指輪のデザインが繊細で、絶妙なバランスでダイヤモンドがあしらわれていた場合、つけっぱなしにするのはオススメできません。つまり言い換えれば、シンプルなデザインであれば24時間つけていても問題ないということになります。

結婚指輪を外した方が良い場合

ただしシンプルなデザインでも、状況によっては外した方が良い場合もあります。例えば料理を行う場合は、衛生面的に考えて指輪は外した方が良いでしょう。洗い物をする時も、指輪は外すのがおすすめです。
他にも温泉に入る時・力仕事をする時も、結婚指輪は外すようにして下さい。