東京で手作り結婚指輪を作りたいなら素材から工房を選ぶ | 不安解消!東京手作り結婚指輪準備ガイド

HOME » 結婚指輪準備ガイド » 東京で手作り結婚指輪を作りたいなら素材から工房を選ぶ

東京で手作り結婚指輪を作りたいなら素材から工房を選ぶ

東京にはいろんな工房があり、いろんなサービスやオプション、個性的な彫刻などを施してくれるところもあります。
サービスに違いがあるように、工房では素材の種類もさまざまです。
そこで、東京では主にどんな素材を用意してくれているか、珍しい素材などをご紹介していきます。

・デザインを決めた後は素材選び
手作り結婚指輪のデザインが決まったら、次はどの素材で指輪を作るかを考えていきます。
手作り結婚指輪の素材として東京の工房で用意されている素材は、主にプラチナやゴールド、シルバーなどです。
シルバーの素材は結婚指輪としては不向きで、長年にわたって身に着ける場合は錆びが気になることもあるので注意しましょう。
手作り結婚指輪を作るときはプラチナやゴールドなどで作るのがおすすめです。

・品質を重視して素材を用意しているところもある
工房によっては同じプラチナと言っても、900ptと950ptの2種類があります。
これは合成されたものがどれだけ多いかを表していて、品質を重視しているところでは950ptのプラチナが用意されています。
同じ素材でも合成されている不純物が多い方が安く、加工がしやすいことで工房では900pt のプラチナを用意しているところが多いです。
しかし、こういった素材は、金属アレルギーの症状が出やすくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。
東京で工房を探したいと考えている場合は、品質を重視して素材を用意している工房をチェックし、プラチナの950ptがある工房を探しましょう。
高品質なプラチナの素材であれば長年身につけられて、アレルギーの症状が出にくくなるのではないかと考えられます。

このように手作り結婚指輪を作れる工房でも、用意してくれている素材は工房によってさまざまです。
手作り結婚指輪を作りたいと考えるのであれば、素材にもこだわって指輪を作ったほうがいいでしょう。
腕のいい職人がいる工房では加工のしやすさを重視するというよりも、品質を重視するところが多いので950ptのプラチナを用意してくれているところを選びましょう。
こういった工房であれば、安心して手作り結婚指輪を作れるのではないかと考えられます。