【東京は金属アレルギーの人が多い!】手作り結婚指輪にはチタンがおすすめ | 不安解消!東京手作り結婚指輪準備ガイド

HOME » 結婚指輪準備ガイド » 【東京は金属アレルギーの人が多い!】手作り結婚指輪にはチタンがおすすめ

【東京は金属アレルギーの人が多い!】手作り結婚指輪にはチタンがおすすめ

手作り結婚指輪を作るときは、生涯身に着けられる素材を選ぶようにしましょう。
シルバーアクセサリーなどで金属アレルギーの症状が出てしまう場合は、チタンの素材を選ぶのがおすすめです。
チタンは医療用の器具にも使われているため、金属アレルギーの症状が出てしまう可能性が少なく、汗で指が荒れたり、かゆくなる心配はありません。

・金属アレルギーの反応が出るのは個人差がある
金属アレルギーと言っても、アレルギーが出てしまう素材は人それぞれで個人差があります。
シルバーの素材で金属アレルギーは出るが、プラチナやK18金ではアレルギー反応が出ないという人もいます。
プラチナやゴールドの素材は、金属アレルギーの症状が出てしまうことが少ないと言われていて、軽度の症状が出てしまう人がこういった素材で手作り結婚指輪を作る人もいます。
しかし、金属アレルギーは年々症状が酷くなることも考えられるので、プラチナやゴールドでも荒れてしまう可能性はあります。

・チタンで指輪を作るのが得策!?
金属アレルギーの症状が出てしまう人、軽度の症状が出てしまう人はチタンの素材で手作り結婚指輪を作りましょう。
チタンであれば金属アレルギーの症状が出る可能性が少なくなり、症状が出やすくなっても一生涯身に着けられる手作り結婚指輪を作れますよ。
また、アレルギー反応が出るか不安だという場合は、手作り結婚指輪を作る前に皮膚科に行ってパッチテストを受けた方がいいと思います。
パッチテストを受けてから素材を選べば後で後悔をすることもありませんし、生涯身に着けられる手作り結婚指輪を作れると思います。

このように金属アレルギーの症状が出てしまう人は東京ではかなり多いと考えられています。
このため、東京の工房ではチタンの素材が用意されているところが多いです。
東京で手作り結婚指輪を作る場合は、チタンの素材が用意されているかを事前に確認し、料金についても問題がないと分かった段階で工房の予約をするようにしましょう。